テーマ:絵画

魅力たっぷりのイラストを描いてみたい!

   ただ、絵を描くだけでは、写真よりも見劣りしてしまいます。 それは、作者が描いた人工の絵でしかなく、本物に及ばないからです。 ただし、その短所を考えた上で描けば、本物を超えた魅力が生まれます。 いくつかポイントを紹介します。 1.立体的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迫力のある背景を描こう!ー応用編ー

 小学生の中学年から高学年にかけて、 ものの見え方が少しずつ変わってゆきます。 今まで平面的に見えていたものが、 立体感・遠近感(奥行き)を意識しながら見るようになってゆきます。 (个_个) ジッ~  風景を描く時も、 こうした立体感・遠近感を意識して描くと、 見違えるほど魅力的になります。  立体感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迫力のある背景を描こう!ー基礎編ー

 風景の絵を描く時、紙に収まるように風景を描いたりしませんか? 小学生のお子さんでしたら、アドバイスをしなければ、 ほとんどこのように描きます。 ┐( ̄ー ̄;)┌ ホワイ?  これは個人的な考えなのですが、 日本人の気質に理由があるのかもしれません。 西洋人は庭園を造る時、外に広がりを感じさせるように仕上げま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美を表現するための4つの力

 視覚的な美は、自分のまわりにあふれています。(个_个) ジッ~ 人間は視覚から83%の情報を取り入れると言われているからです。 代表的なものは絵になりますが、 それ以外でも、ファッション・メーク・建築・インテリア ・料理・日常品のデザインなどさまざまな分野にわたります。  そこで、魅力的な美を表現するためには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水彩画が苦手な人は、道具で上手になろう!

 絵が・・・苦手! φ(TεT;) そう言う人たちの半分以上は、 小学校時代に水彩画で苦労した経験があったりします。  子どもは面倒くさいのが嫌いです。 水彩画で色をぬるためには、 たくさんの画材を用意して、 たくさんの手順をかけなければなりません。 そのため、水彩画が好きな小学生は、 小数派ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵が苦手から得意にするために2

 小学校から絵を描く画材は、水彩絵の具が中心になります。 そこで、今回は水彩画についてアドバイスしたいと思います。(⌒◇⌒) ところで、水彩絵の具は、美しい表現ができるものの、 使いこなすにはけっこう面倒な画材ですよね。 (ー_ー#)フ~ (いきなりボヤキから入ります。) 絵を描くのが苦手な大人の方で、水彩画が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵が苦手から得意にするために

 絵が苦手な人の描く絵には、共通する特徴があります。 子どもも大人の方も同様です。Σ( ̄ロ ̄lll)エー!!! それは、丸・四角・三角をきちんと描けないことです。 もちろん、描いた経験がない人はいないはずです。 「そんなの描けるよ。」と思うかもしれません。 でもきちんとした形を描けていますか? 形はつぶれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世にも奇妙な絵の具

 秋を代表する色に黄色がありますが、 黄色の絵の具には実に様々な種類があります。 たいがいの絵の具は植物を顔料としますが、 インディアン・イエローは、 かなり変わったモノを顔料にしていました。(/^o(・・;)  まず、牛にひたすらマンゴの葉っぱを食べさせて、 それで育った牛の尿を蒸発させ、 非溶解性の尿酸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイデアの考え方

 ゼロからアイデアを考えるのは、とても難しいものです。 では、どうすればアイデアは出せるのでしょうか? ( ̄-  ̄ ) アイデアを考えるのが苦手な人は、 YES NOの答えができても、自分で答えを作るのが苦手です。 絵の課題に限らず、日常で出会ういろいろな問題や悩みには、 答えがありません。 一つしか条件がないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力的な絵を描くためにー上級編ー

 中学生以降になると、ずいぶん描写力がついてきます。 そのため、人物や風景を思ったように描けないと、 「私って才能がないな。」とがっかりしてしまいます。 そんなお子さんのために、 今より魅力的な絵を描くための方法をお教えします。 もちろん、絵が得意な人も使えます。 次の三つのことを頭に入れて描いてみて下さい。<(^◇^)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力的な絵を描くためにー中級編ー

 今回は、小学生の中学年や高学年のお子さんが、 今より魅力的な絵を描くための方法をお教えします。 次の三つのことを頭に入れて描いてみて下さい。<(^◇^)> < 主役を決める。> ┌( ・_・)b 風景画・静物画・空想画、どんな絵を描く時でも、 何を一番大切に描きたいか考えます。 主役が決まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力的な絵を描くためにー初級編ー

 絵を描くのが苦手なお子さんや低学年のお子さんは、 次の三つのことを頭に入れて描いてみて下さい。<(^◇^)> < 白い所を残さない。> ┌( ・_・)b 絵が苦手なお子さんのほとんどは、 丁寧に塗ることが苦手です。 塗り残しができないように塗るためには、 簡単なテクニックが必要です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1分で上手になる風景画のテクニック

 学校の図工や美術の授業で、 風景画を描くことがあります。 何から描けばよいか分からず、 とりあえず目に入った木の葉っぱから描き始める、 そんな体験をした人はいませんか? ・・・・・(-"-;)  そんな方に簡単にできる、お勧めのテクニックがあります。  まず、左手の親指と人差し指で「L」を作ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵が苦手から好きになるには

「絵は苦手なの。」o(>ω< )o 絵を描くのが苦手だったり、 絵を観るのに興味がない人はけっこういます。 そう思う人のほとんどは、 「子どもの時から絵は苦手だったのよね。」と言います。  学校での絵の課題は、風景画や人物画が中心です。 上手な絵を描くためには、 正確に描けて、色を上手に塗らなければなりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊かな色彩感覚にするには

 まわりの色彩環境が、子どもの色彩感覚に与える影響は、 大きいと言われています。(´∇`)ゝ 色の好みが確立されるのは、個人差がありますが、10歳前後です。 好みの色は、今まで目に触れた色の中から選ばれます。 そのため、たくさんの色にあふれた環境で育てば、色彩感覚は鋭くなります。 逆に色に乏しい環境で育てば、色彩感覚は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人が気に入る絵、子どもに書かせたい絵

 お子さんが太陽の絵を描く時、 どのような絵が、素晴らしい絵なのでしょうか? 「(´ヘ`;)う~ん… 大人が気に入るような絵を描かせるのは、簡単です。 子どもは、絵に対する予備知識が薄く、吸収力が速いので、 描き方を教えれば、すぐに技術を身につけます。 でも、太陽に対する感じ方は、一通りでしょうか? 百人いれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッサンの難しさと楽しさ

 うう・・・ さ 寒かったー!!! 昨日は、爆弾低気圧による春の嵐が、東日本を中心に 吹き荒れたようです。{{(*_*)}}ブルブル・・・  昨日は、4月最初のレッスン。 急激に冷え込んだ気候のためか、お休みされる生徒さんが 何人かいました。  クリエイトコースに、今年4年目を迎えるKさんがいます。 現在、彼女…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more