ジェイムズ・ジーン

adrift-final-webres.jpg

 ジェイムズ・ジーン。イラストレーターの寺田克也さんが好きな作家さんという文章を目にして、彼の作品を探してみました。

この数年感じたことのないとてつもない衝撃を受けました。その完成度、いやその特異性を極めた魅力に心をわしづかみされました。w(@。@;)wおおおおおーーー!!!!!


 ジェイムズ・ジーンさんは、台湾出身で、ロサンゼルスを拠点に活動しています。もとはイラストレーターでしたが、現在は作家として世界各地で展覧会を重ね、プラダ・Appleなどのブランドとの共同プロジェクトに関わるなどジャンルにとらわれない幅広い活躍をされています。

作品表現も、初期の暗黒的な内面ドロドロの作風から、最近のファンタジー性豊かなピュアな作風まで、同一人物の作家の作品に感じられないほど差があります。

例えるならば、「エイリアン」から「アンパンマン」までの差があります。当然その作品によって、好き嫌いが激しくあるでしょう。私が気に入っているのは、カラフルで美しい最近の作品になります。


39028392e1c3764d9518ed64e520f0e6.jpgx670916840.2.jpg65c0468bd332cb3c9bc7d82188acd138.jpg

この作風の遍歴は、彼の家族や子供の存在が大きく影響しているのかもしれません。ちなみに奥さんは日本人女性です。


関連記事

寺田器 with 寺田克也
https://at-pa.at.webry.info/202010/article_10.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント