創造力と情報の関係性

スキャン.jpg
 現在は圧倒されるほどの情報化社会です。
情報化社会は、自分が知りたい情報を探すことが簡単にできるなど
多くのメリットがあります。

ただし、創造力の育成に限定すると、
大きな障害になってしまいます。


情報は自分を安心させる心地良さがあるため、
触れる機会があると、あっという間に情報の虜になってしまいます。

情報に満たされると、情報を選択する力は身につきます。
ただし、初めから答えが用意されていては、
当然自分で考える必要がなくなってしまいます。
自分の力で“ゼロ”から考えたり、作り出す体験により、
創造力は育ちます。



 創造力は、作品を製作するためにだけ必要なものではありません。
人が成長する中で出会ういろいろな問題や悩みには、答えはありません。
創造力は、そんな困難に立ち向かい乗り越える力にきっとなるはずです。
創造力があれば、問題に対して解決するため方法をいくつも考え、
選択できるからです。
(≧∇≦)b OK!

以前、朝日新聞に、日本の大学に対する主要1400社のトップを対象にした
アンケート結果が載っていました。
学生の人材養成という面から、
日本の大学に対する評価は、不満が8割を超えました。

その不満の理由として一番多かったものは、
「創造力を身につけていない」が58社、次に「問題解決能力の不足」が51社に達し
「一般教養の不足」17社を大きく上回りました。


また、翌日の朝日新聞で、東大の卒業生を多く受け入れた企業を対象にした
アンケート結果が載っていました。
企業の評価は、「よく頑張るが、創造的な仕事は今一つ」でした。

新聞のアンケート結果から、
現代の学生の深刻な創造力不足が分かります。


もちろん創造力を身につけた上で、たくさんの知識があれば、とても優秀な人材と
して重宝されるはずです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント