アートアクアリウム

 ずいぶん遅い情報でなんですが、
毎年行われている夏のイベントでとても印象に残ったものを紹介します。



 日本橋・六本木にて夏季に開催されている「アートアクアリウム」。
 (:。)ミ~~

 アートアクアリウムアーティストの木村英智がプロデューサーした
アート・デザイン・インテリアとアクアリウムを融合させた展示展です。

金魚に特化した「アートアクアリウム展 」は特に人気が高く、
現在までに550万人の有料入場者が観覧したそうです。



 写真は2013年の日本橋展のものですが、
そのビジュアルの圧倒された美しさは誰もが衝撃を受けると思います。
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

日本橋と六本木の両方に足を運びましたが、
日本橋の方がずっと楽しめました。



 入り口付近は、色彩乱舞の水槽が出迎えてくれます。

画像画像

























 次に、普通の水槽(かなりお洒落ではありますが)が展示されています。
金魚鑑賞ではやはりこれが一番楽しめるかもしれません。

画像画像画像






































 大型の縦型水槽は、SF映画に登場するような奇天烈な形状に
視覚的好奇心をおおいに刺激してくれます。

画像画像






























 それから、壁に埋め込まれた水槽。

子どもの時にCMで見たホテル サン ハトヤの風呂の壁の水槽や
昔新宿で飲んだ「BAR金魚」の壁の水槽が思い出され、一番好きかも。

画像画像

























 こちらの展示は、小型水槽を合体して、江戸情緒を
アート的なビジュアルでたっぷりに演出しています。
外国から見た東洋の美そのもの。

画像












 展示場の最後に、日本の風情を感じさせるのにふさわしい
屏風という素材を使った水槽が飾られていました。

四季ごとに違った映像が映し出されます。

画像画像画像画像



















































 展示場を出ると併設されたカフェで、金魚ゼリーを食べました。

味は普通ですが、食べるのがもったいなくなるような可愛らしさです。
(^~^) モグモグ♪


 他には無い刺激的体験ができました。



 ただし、金魚のこのような展示は
いかがなものかという批評があるのも事実です。

そのあたりはよく検討して、興味があったら、
来年の夏のイベントの参考にして下さい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック