砂の美術展-夜-

 夜の7時になると砂像がライトアップされました。
色が時間ごとに変化するので、同じ作品でも違った美しさを感じます。
~(・。・。)(。・。・)~美美美美美・・・

時間とともに闇が深くなり、
作品はいっそう魅力を増してゆきます。


真っ暗な砂浜の闇に浮かび上がる砂像の間を歩いていると、
まるで異国の世界に入り込んだような不思議な感覚に襲われます。
|(-∇-)| フワァ・・・・♪

岐阜の養老天命反転地http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/
を歩いていた時のような、非日常間にどっぷりと浸れました。

画像画像


























マツコデラックス風の砂像は、怪しさ感MAXでナイス!
ちょっとホラーはいっているかも・・・ ( > < ;)//

画像

















  一番お気に入りの作品も昼間とは違う美しさがあり、
しばらく見とれていました。

画像

















 7時半からは、酒井敦美さんの
「Ocean healing ~五感で体験する癒しのひと時~」と題した
光の切り絵のショーが始まりました。

いつのまにか観客も増え、200人ほど集まっていました。

優しい癒し系の音楽と一緒に、
童謡の挿絵ののような光の切り絵が砂浜に映し出されます。

絵本のような物語仕立てではなく、動画でもありません。
作品が5分間ほど映し出され、次の作品にスライドする展示でした。

線路の絵が映し出されると、
何人かの子どもたちが砂浜をかけまわりました。
。。。。。。((( ^ ∀^) ♪♪♪

特に親も止めるわけでもなく、ほのぼのとしたショーでした。

画像画像画像画像





















































 ショーが終わったので、
来る時に使ったタクシーを呼んで駅に向かいました。

海岸の前は薄暗く人通りも無いので、
連絡先が書かれた名刺をもらっといて正解でした。
帰りは、行きより3割りほど高い運賃でした。

 非日常間をゆるい気分で味わいたい方にお勧めします。(⌒^⌒)b



関連記事

砂の美術展-昼- http://at-pa.at.webry.info/201510/article_4.html
岐阜旅行7/養老天命反転地 http://at-pa.at.webry.info/200904/article_7.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック