迫力のある背景を描こう!ー応用編ー

 小学生の中学年から高学年にかけて、
ものの見え方が少しずつ変わってゆきます。

今まで平面的に見えていたものが、
立体感・遠近感(奥行き)を意識しながら見るようになってゆきます。
(个_个) ジッ~


 風景を描く時も、
こうした立体感・遠近感を意識して描くと、
見違えるほど魅力的になります。


 立体感を出すには、
建物などの人工物の方が表現しやすいと思います。

少し見上げる角度で描き、側面も描くようにします。


 また、遠近感を出すには、
雲や木など似た形のものを大きさを変えて描くと効果的です。

遠くから手前にかけて、だんだん大きく描いてゆきます。
紙の端では、はみ出して描くと、さらに迫力が出ます。

道や川など長いものも使いやすい素材です。
幅を変えて、S字のように表現すると、強い遠近感を表せます。


 よかったら、試してみて下さい。(o ̄∇ ̄o)b


関連記事

 1分で上手になる風景画のテクニック
 http://at-pa.at.webry.info/200902/article_4.html
 迫力のある背景を描こう!ー基礎編ー
 http://at-pa.at.webry.info/201406/article_17.html

 

【1000円以上送料無料】やさしい風景画入門 あなたにも出来る/田口雅巳
オンライン書店 BOOKFAN
著者田口雅巳(著)出版社金園社発行年月1994年11月ISBN9784321445023ページ数64


楽天市場 by 【1000円以上送料無料】やさしい風景画入門 あなたにも出来る/田口雅巳 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【1000円以上送料無料】風景画入門 心にひびく淡彩スケッチ/加々美豊
オンライン書店 BOOKFAN
著者加々美豊(著)出版社日貿出版社発行年月1995年09月ISBN9784817039606ページ数


楽天市場 by 【1000円以上送料無料】風景画入門 心にひびく淡彩スケッチ/加々美豊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック