1分で上手になる風景画のテクニック

 学校の図工や美術の授業で、
風景画を描くことがあります。

何から描けばよいか分からず、
とりあえず目に入った木の葉っぱから描き始める、
そんな体験をした人はいませんか?
・・・・・(-"-;)



 そんな方に簡単にできる、お勧めのテクニックがあります。

 まず、左手の親指と人差し指で「L」を作ります。
右手でも「L」を作り、手首をひねり、左手と逆の向きにします。
両手の親指と人差し指を合わせることで、
長方形が作れるはずです。

指で作った長方形の中に見える風景が、
画用紙に描く風景になります。


 次に、風景の一番外側の輪郭を、一本の線でつなぎます。
つまり、一筆書きで線を描くのです。

森を描く時も、一本一本の木を描くのではなく、
森全体の一番外側の輪郭を描くのです。

描いたら、描いた線と風景を見比べて見ましょう。
単純な形なので、観察するのも難しくないはずです。
線がだいたい合っていると感じたら、
線の中に、風景の一つ一つを描いてゆきます。



 絵を描くのがが苦手な方が、このテクニックを使って、
少しは楽しく絵を描けるようになると、うれしいです。

このテクニックは、風景画だけではなく、静物画でも使えます。
よかったら、試しててみて下さい。(*^∇゜)v


関連記事

迫力のある背景を描こう!ー基礎編ー http://at-pa.at.webry.info/201406/article_17.html
迫力のある背景を描こう!ー応用編ー http://at-pa.at.webry.info/201406/article_18.html
絵が苦手から得意にするために http://at-pa.at.webry.info/201004/article_1.html
絵が苦手から得意にするために2 http://at-pa.at.webry.info/201004/article_4.html
アイデアの考え方          http://at-pa.at.webry.info/200907/article_1.html
魅力的な絵を描くためにー初級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200903/article_3.html
魅力的な絵を描くためにー中級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_2.html
魅力的な絵を描くためにー上級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_3.html
絵が苦手から好きになるには     http://at-pa.at.webry.info/200810/article_10.html
豊かな色彩感覚にするには      http://at-pa.at.webry.info/200805/article_1.html
大人が気に入る絵、子どもに書かせたい絵 http://at-pa.at.webry.info/200804/article_15.html
デッサンの難しさと楽しさ      http://at-pa.at.webry.info/200804/article_1.html




プロに習う風景画のテクニック
楽天ブックス
Do繪 著者:樋口洋出版社:一枚の絵サイズ:単行本ページ数:95p発行年月:2004年07月この著者


楽天市場 by ウェブリブログ

水彩風景スケッチ 光とカゲのテクニック
画材・額縁のダイワ
商品名 水彩風景スケッチ  光とカゲのテクニック 販売元 グラフィック社 商品情報 書籍サイ

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック