24時間テレビーマツジュンに涙目ー

 今年の24時間テレビで、強く心に残ったドラマが
「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」です。
子どもと一緒に、涙が止まりませんでした。
。・゚゚・o(TへT)o・゚゚・。



 10万人に1人の難病といわれる「CIDP」の
山口隼人さん(29)の闘病記をドラマ化したものです。
山口さんを演じるのは、
24時間テレビでメインパーソナリティの「嵐」の松本潤(24)。
夫を懸命に支える妻を香里奈(24)が、
父親思いの子を畠山彩奈ちゃん(6)が演じました。

「CIDP」は、両手両足の運動、感覚両神経のまひ、
時には呼吸まひを引き起こす進行性、再発性の難病。


 発病したのは、25歳の時。
愛すべき家族に囲まれた幸せいっぱいの主人公が、
一転して、一生元の体には戻れない絶望に直面します。
前向きな主人公が、階段を転げ落ちるように、
底なしの暗闇であがき続けます。( _ _IIII)~~~

暗闇しか見えなかった主人公を救ったのが、
娘みゅうちゃんが言った、
「パパにみゅうの足(あんよ)、半分あげる」
というセリフです。(’-’*)

愛娘と愛妻のために、
主人公は、再び一歩ずつ前に進み始めます。
ゴールのない道を歩き続けます。
(´ヘ`;)))))・・・・



 誰かのために頑張れる、
それは、何事にも代えられない幸せなことなのかもしれません。
テレビの受け売りになりますが、
子どもに教わることはたくさんあります。
子どもに教えたいこともたくさんあります。

 今を大事にしよう、
自分と同じように目が赤くなっている子どもを見て、
心に強く思いました。o(T_T=)o


みゅうの足(あんよ)パパにあげる
楽天ブックス
著者:山口隼人出版社:日本文学館サイズ:単行本ページ数:275p発行年月:2006年07月この著者の


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック