心で見る大切さ

画像











 今日のキッズコースの課題は、「光る星の国」。
自分が行ってみたい星の絵を描く課題です。

楽しそうに描いているKくんの絵を見てみると、
木のようなもが描かれていました。
でも、幹が緑色で、葉っぱが茶色・・・。

あれ れれれ? 色を間違えたのかな? (@_@;)???

私  「これ、木の絵かな?」
Kくん「うん。そうだよ。」
私  「木の色、違うんじゃない?」
Kくん「いいの。だって、さかさまの木だから。」

!!!!!!!すごぉぉぉっーーーい!!!!!!! (◎o◎)/


 子どもの柔軟な発想に、サン=テグジュペリ著の
「星の王子さま」を思い出しました。

小説の冒頭は、子どもの時に、主人公が自分の絵を
大人に見せた回想から始まります。
ゾウを飲み込んだヘビの絵なのに、大人は帽子としか
理解しませんでした。

このエピソードは、
“心で見なければ物事はよく見えない。肝心な事は目に見えない。”
というテーマにつながってゆきます。


 私を含めて大人は、どうしても常識で物事を判断しがちです。
Kくんの絵は、そんな私に、こんな発想や考え方があるのだと、
心で見る大切さを、改めて思い出させてくれました。


愛蔵版 星の王子さま

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック