デッサンの難しさと楽しさ

 うう・・・ さ 寒かったー!!!
昨日は、爆弾低気圧による春の嵐が、東日本を中心に
吹き荒れたようです。{{(*_*)}}ブルブル・・・

 昨日は、4月最初のレッスン。
急激に冷え込んだ気候のためか、お休みされる生徒さんが
何人かいました。

 クリエイトコースに、今年4年目を迎えるKさんがいます。
現在、彼女は4枚目の静物デッサンを製作中。
モノの形を、少しずつ正確に描けるようになってきました。

 デッサンとは何か?
デッサンは、一言で言うと、モノを正確に観察して正確に
表現する事です。
なーんだ、簡単じゃないと思う人がいるかもしれませんが、
これがなかなか難しい。

なぜ難しいのか? (@_@)???

それは、人間の目がとてもいいかげんだからです。
モノを見る時、その時の気持ちや周りの色や形により
かなり違ったモノに見えるはずです。
うれしい時は大きく力強いモノに、
悲しい時は小さく力無いモノに、
暖かい色のモノは手前に、
冷たい色のモノは奥に、
周りに大きいモノがあると小さく、
周りに小さいモノがあると大きく見えます。
他にもいろいろ錯覚して見える要素がありますが、
人間の目は、かなり不完全にしかモノを見れません。

また、実際のモノは立体ですが、それを平面の画用紙に
描くのですから、非常に難しいのです。

カメラで撮れば、簡単に、そしてかなり正確に写真に
できるのに、人はどうして絵を描くのか?

 カメラは機械なので、ただ機械的にしかモノを写せません。
しかし、人が描く事により、質感や素材感を、
現実のモノ以上リアルに描く事ができます。
また、モノに対する思い入れをいくらでも表現できるのです。
これこそが、人が絵を描く楽しさであり、魅力ではないかと
思います。(^ω^)ノ


関連記事

絵が苦手から得意にするために http://at-pa.at.webry.info/201004/article_1.html
絵が苦手から得意にするために2 http://at-pa.at.webry.info/201004/article_4.html
アイデアの考え方          http://at-pa.at.webry.info/200907/article_1.html
魅力的な絵を描くためにー初級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200903/article_3.html
魅力的な絵を描くためにー中級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_2.html
魅力的な絵を描くためにー上級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_3.html
1分で上手になる風景画のテクニック  http://at-pa.at.webry.info/200902/article_4.html
絵が苦手から好きになるには     http://at-pa.at.webry.info/200810/article_10.html
豊かな色彩感覚にするには      http://at-pa.at.webry.info/200805/article_1.html
大人が気に入る絵、子どもに書かせたい絵 http://at-pa.at.webry.info/200804/article_15.html



鉛筆デッサンを始める人へ―絵画の基本 (新カルチャーシリーズ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック