ブルーマングループ

画像









 青い顔の三人組。な な 何者だ、こいつらは(◎o◎;)/!?

 去年の夏、仕事帰りの電車の中吊り広告で、彼らの存在を
初めて知りました。
顔を青く染めた異様な男達が、ドラム缶をたたき、色鮮やかな液体が
飛び散る、見た事もない何とも衝撃的なポスターでした。
不思議大好きの私の好奇心は、激しく刺激されました。

 彼らの名前は、ブルーマン・グループ。

 ポスターのコピーは、ミュージック×アート×コメデイ・・・?
まるで意味が分からないものの、脳裏から彼らの強烈な映像が離れず、
その晩早速、ネットで調べてみる事にしました。

 彼らの経歴は、大体次の通りです。
1987年、ニューヨークの路上で産声を上げた彼らの
パフォーマンスは、全米からヨーロッパまでも席巻した。
現在も、世界中の複数の劇場でロングランを続けている。
彼らのパフォーマンスは、一言もしゃべらず、オリジナルの楽器を
使い、アートと融合したシュールな笑いで観客を魅了する。

何だ、そりゃ・・・ますます意味が分からない。(?_?)
でも、・・・観てみたい。
どんどん高まる気持ちを、どうしても抑えきれないので、
結局観に行く事にしました。

 場所は、六本木にできた世界初のブルーマン専用劇場。
今年1月に行ってきました。

画像












 まず、音楽がしびれるほどかっこいい。(^_^)b!!!!!
彼らのアルバム「AUDIO」はグラミー賞にノミネートされたり、
「ザ・カレント」の曲が「ターミネータ-3」に使われるなど、
見た目とは違い、評価はとても高いものです。

 次に、見た事もない斬新なビジュアル。w(@o@)w!!!!!
電飾・蛍光色・原色などのさまざまな「色」が、休む事なく
次から次へと舞台から観客席まで飛び交います。

 そして、小学生でも分かる単純でクオリティーが高いコメディ。
自ら観客席に降りてきたり、観客を舞台に上げたりして、
自分がショーに参加している一体感を味わえます。
 ちなみに私の隣の空席に、ブルーマンがすわりました。
超ラッキー。v(^o^)/ もちろん、しっかりさわりました。

 ショーの後は、通路にブルーマン達が通路に現れたので、
写メールの撮影大会。

画像画像












 文句なくお薦めのエンターテーメントショーです。
生涯の記憶に残る、素晴らしい時間を過ごせるはずです。


ザ・コンプレックス・ロック・ツアー・ライヴ
ザ・コンプレックス・ロック・ツアー・ライヴ [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック