テーマ:生徒さんの作品

ペーパー双眼鏡

 6月からレッスンが再開して、ようやくいくつか作品が完成してきました。 ジュニアコース(小学3年生から6年生) では、「ペーパー双眼鏡」を作りました。 「ペーパー双眼鏡」は紙で作る双眼鏡ですが、凹凸レンズを使っているので実際に大きく見えます。 魅力的な作品に仕上がったので、いくつか紹介させていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリエイトコースN.Yさんの作品2

N.Yさんは2月に入会した高校1年生の女の子。 普段から描いている絵を時々観せてもらっていますが、同世代の子の描く絵とはかなり異質で強い個性があります。 心に残る魅力的な作品だったので紹介させていただきます。  アトリエぱれっとのホームページの「生徒作品GALLERY」http://www.at-pa.com/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリエイトコースN.Yさんの作品

N.Yさんは2月のコース説明会で入会してくれた高校1年生の女の子。3月以降は説明会を開けていないので、貴重な新規の生徒さんです。 普段から描いている絵を何点か観せてもらいましたが、同世代の子の描く絵とはかなり異質で強い個性があります。 この作品は中学3年生の作品だそうですが、心に残る魅力的な作品だったので紹介させていただきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回MOA美術館大網白里児童作品展 銅賞おめでとう !!!

 Tくんは、大網からあすみが丘教室に通ってきてくれている小学2年生の男の子。 いつも笑顔を絶やさない明るい子です。 Tくんのお母さんから、第3回MOA美術館大網白里児童作品展て銅賞を受賞したと報告を受けました。 「すごーい!やったね。」と声をかけると、 Tくんはいつも以上に顔をくしゅくしゅにして笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海のそばに立つ「住みたい家」

 最近、ジュニアコースで水彩画の「住みたい家」が二つ完成しました。 それぞれとても素晴らしい仕上がりになりました。  C.Hさん(小学3年生)の作品。 こぼれるような星がきれいな夜空と満月を背景に、 海のほとりに建つ恐竜型の家。 恐竜の口の中には、天体望遠鏡が設置されています。{%キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラワーイルミネーション

昨年のクリスマスの時期に、ジュニアコースとクリエイトコースの一部の生徒さんが作ったイルミネーションの作品です。 おかずカップを花びらに見立てて重ね貼りし、 色画用紙で葉っぱ・がく・花弁を作りました。 さらに、イルミネーションを組み合わせて完成です。 作る人の感性でいろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県展入選おめでとう!

「先生。学校で描いた絵が県展に入選しました。」 レッスンの時、Sさんが報告してくれました。 Sさんは、あすみが丘教室ジュニアコースの生徒さんで、 土気南小の4年生の女の子。 普段から個性あふれる作品を丁寧に製作できる生徒さんです。 ちなみにこども県展は、毎年千葉県立美術館で開催されて いる、かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のクリスマス作品

 毎年12月にはクリスマスに合わせた雑貨を作っています。 今年はまだ制作途中なので、完成した生徒さんの作品を一部紹介します。 プチキッズコースで製作した「壁掛けビックツリー」。 画用紙を3枚使ったけっこう大きい作品なので、迫力があります。 キッズコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来のゴミ箱

 「先生、子どもが夏休みに描いた絵がコンクールで 入選しました。」 おゆみ野教室に通っているKくん(小3)のお母さんから帰り際に教えてもらいました。 Kくんは恥ずかしがって言わなかったようですが、 「おめでとう。やったね!」と声をかけると、最高の笑顔を見せてくれました。 Kくんが夏休みに参加した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒作品展が無事終わりました。

 このたびの台風により、犠牲になられた方々のご冥福を お祈りするとともに、被災されました方々に心よりお見舞いを申し上げます。 被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますよう心よりお祈り申し上げます。  本日、生徒作品展が無事終わりました。 作品を出品された生徒さん。足をお運びいただいた方々、誠にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑区再発見絵画コンクール 優秀賞受賞!

 毎年夏休みに、絵の宿題をレッスンで製作する人が何人かいます。 S.Hくんもその一人です。 彼は、千葉市の金沢小からおゆみ野教室に通って来てくれている 小学6年生の男の子。  彼が取り組んだのは、緑区役所が主催の 「令和元年度緑区再発見絵画コンクール」です。 対象学年は、小学4・5・6年生。 そして、彼の作品が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラックの日 児童絵画コンクール入選!

 毎年夏休みに、絵の宿題をレッスンで製作する人が何人かいます。 K.Kさんもその一人です。 彼女は、山武郡の豊海小からあすみが丘教室に通って来てくれている 小学4年生の女の子。  彼女が取り組んだのは、千葉県トラック協会が主催の 「トラックの日2019 児童絵画コンクール」。 「あったらいいな こんなトラック」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M.Oさんの新作

 M.Oさんは、現在高校3年生の生徒さん。小学5年生から通ってくれています。 今回の新作は、高校2年生の時から描いて今年完成した作品です。 作風は、クールな男子生徒と二人の女子生徒の三角関係を コミカルに表現したラブコメ風のイラストです。 今回は、立体感・遠近感・躍動感を意識して描い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一のコックさん3

 小学生までのクラスの課題では、 「あなたががもし・・・だったら、」という仮想設定で問いかけ、 それに対する答えやアイデアを出して作品にしてもらう課題がけっこうあります。 同じアイデアを考えるにしても、自分の身に近いものであれば、 よりアイデアが広がるからです。 この課題は、小学1・2年生対象のキッズコースでよく作られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の川ネット

 「母の日」・「ハロウイン」・「クリスマス」などの行事には、 行事に合わせた工作を作ったりしています。 しかし、「七夕」については、今まで作っていなかったので、 今回新作の工作を作ることにしました。 七夕といえば天の川のイメージが強いので、その名もずばり 「天の川ネット」 イェーイq(≧∇≦*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さかさ絵

 見えている世界は、実際に見えているものではなくて、 頭で見えていると感じているものが画像になったものです。 怪しい文章だと思うかもしれませんが、 実際に視界的に見えないものでも頭が映像を補って、 自然に見えるように感じている事は日常的によくある事です。 いわゆる錯視です。👀????? 初めてデッサンのレッスンを受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラーイラスト

 漫画コースの生徒さんは、時々自分で描いた絵を持ってきてくれます。 持ってきてくれた絵は、ノートの切れ端に描いたものでも、 より魅力的なものになるようにアドバイスしています。 それにより、短所が改善してゆき、技術が伸びてゆきます。 そのため、アトリエのレッスンだけでなく、普段から絵を描いている生徒さんは、 上達が早いだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日にプレゼントする作品

 元号が平成から令和に変わりましたが、日常は特に変わらないのが実感です。きっとすぐに慣れてゆくような気がします。 もうすぐ母の日がやってきますが、アトリエでは毎年、「母の日」に合わせてお母さんにプレゼントできる作品を作ります。 昨年作ったのは、「エンドレスカード」。  立てた鏡をのぞくと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力たっぷりのイラストを描いてみたい!

   ただ、絵を描くだけでは、写真よりも見劣りしてしまいます。 それは、作者が描いた人工の絵でしかなく、本物に及ばないからです。 ただし、その短所を考えた上で描けば、本物を超えた魅力が生まれます。 いくつかポイントを紹介します。 1.立体的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一のコックさん2

 子供は大人が思っている以上に、料理をよく観察しているものです。 特に女の子は料理の盛りつけまでこだわります。 これから紹介する作品は、キッズコースで製作した作品です。 生徒さんに世界一のコックさんになってもらい、 世界一美味しい料理を作ろう!という課題です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の中に建つ家

 子どもの時、アニメや絵本、または映画でで見た不思議な家に 本気で住みたいなと思った事はありませんか? 普通はウソの作り物の世界だからとスルーしたまま大人になります。 でも、子供の時に感じたときめきを忘れずに大人になって、 仕事に結びつける人もいます。 その一つとして、個性的な家を考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の結晶

暖かい日が続き、桜の開花に合わせて春の到来を感じます。 昨年からの冬は、暖冬により雪もあまりつ積もらなかったので、 気分だけでも冷たい冬を楽しめるように作った作品です。 折り紙を切って、雪の結晶を作りました。 雪は、障子紙を手で破りながら作りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

机でながめる星の雑貨

クリスマスの頃に作った作品です。 クリスマス前に作った小さなクリスマスツリーの雑貨です。 手のひらに載せられるほどの小さなツリーなので、机の上に飾れます。  この作品の名前は、「スターツリー」。 上から眺めると星の形をしているので、この名前にしました。 ふわふわした形状な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第61回千葉市小・中・特別支援学校児童生徒総合展覧会

 「先生、私の工作が展覧会で飾られることになりました。」 おゆみ野教室の、3年生のTさんがうれしそうに報告してくれました。 時間が取れたので、ワクワク気分で見に行って来ました。 会場は千葉市美術館。千葉駅東口より徒歩15分の所にあります。 今回は車で行きましたが、無料駐車場もついています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原中央高等学校合格、おめでとう!

 「先生、受かりました。」 おゆみ野教室のレッスン中に、そのうれしい電話はかかってきました。  Kさんがアトリエのあすみが丘教室に入会したのは、去年の3月でした。 まだデッサンの経験はなく、石膏デッサンからのスタートです。 円柱・立方体・球の基本的な石膏デッサンを通して、物を観察する・物を描写する基本的な技術を学びま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑区再発見絵画コンクール

「先生、僕の絵がコンクールで飾られることになりました。」 昨年の秋、4年生のS君が恥ずかしそうに報告してくれました。 S君の話をよく聞くと、 千葉市緑区が毎年開いてる「緑区再発見絵画コンクール」に入選したとのこと。 緑区では、次世代を担う子どもたちに、 絵画の制作を通じて自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒作品展!!!

先月、生徒作品展が無事に終わりました。 作品を出品された方・足を運ばれたお客様、誠にありがとうございました。 心よりお礼を申し上げます。 作品に合わせた飾りつけを考え、奥行きや動きを感じられるように心がけました。 おゆみ野教室の作品発表会の写真です。 ゆっくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスに作った雑貨

 年をまたいでの紹介は遅すぎると思いましたが、 素敵な作品がいっぱいあるので、紹介します。  「壁かけビックツリー」プチキッズコース N.Sさん 年長 壁にかけられる高さ40cmほどの大きなツリーです。 雪の結晶を上手に作れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原中央高等学校合格、おめでとう!

「先生、受かりました。」 携帯から聞こえるYさんの声に、 「やったー!」と握りこぶしを思わず振り上げました。 \(o⌒∇⌒o)/ ♪♪♪ アトリエに通っている中学生で美術に興味を持っている場合、 通学しやすい芸術系の高校として、 市原中央高等学校芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙旅行

 キッズコースの最初の絵に、 この課題を制作することがけっこう多いです。 星の形を好きに描かせることにより、 お子さんの好みの絵や技術が分かります。 最近完成した作品が魅力的に仕上がったので紹介します。ヽ( ´ ▽ ` )ノ♪    H.Mさん 小1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more