クリエイトコースで学ぶこと

「自画像」S.T.jpg
 この絵は、 クリエイトコースに通ってくれている中学3年生のSさんの作品です。
Sさんがアトリエぱれっとに通い始めたのはちょうど一年前。

石膏デッサンの課題が終わり、現在は人物画の勉強をしています。

絵画を今まで習った事が無く、自分でもそれほど描いてきた経験がないためか、新しい課題のたびに自信が無いと言いますが、どの課題でも上手に作品を表現できました。

潜在的な感性や才能を十分に感じさせる、これからの可能性にあふれた生徒さんです。
美術系の学校に受験するわけではないためいつまで通えるかは分かりませんが、自分の絵が大好きになるようにいろいろな事を教えられたらと願っています。


 クリエイトコースへの入会を検討されている方のために、何を学ぶのかを紹介させていただきます。

 受験を目的に受講される方には、受験校の傾向に合わせたカリキュラムを考え進めてまいります。

 受験を目的にしない方は、本人の希望に合わせて、デッサン・デザイン・絵画・人物画・造形を制作いたします。
※途中で受験目的に変更されてもかまいません。

美術において最も大切なことは、デッサン力(描写する技術)・構成力(構図や素材の並べ方)・色彩力(目的に合わせた色の組み合わせ方)・創造力(表現力)だと考えています。

🔹デッサンでは、石膏デッサンを通して基本的な形の描写を学び、希望される方は静物デッサンに進みます。
🔹デザインでは、構成力・色彩力・創造力を育てます。
🔹絵画では、デッサン力・構成力・色彩力・創造力を育てます。
🔹人物画では、自画像を通して顔の表現を学び、さらに全身の表現技術を学びます。
🔹造形作品では、構成力・色彩力・創造力を育てます。


 ちなみに、受験を目的にしないで入会される方の動機は、いろいろな場合があります。

絵が好きなので、可能性があるなら将来絵に関わる仕事をしてみたい。
料理・美容・ファッションに興味があり、入会される方もいらっしゃいます。
逆に絵を描くのが苦手なのて、上手になりたい方もいます。

日常の視覚情報は90%以上になります。絵・デザイン・色彩・造形に関わる仕事は、ほとんどすべての業種に関わります。

また、仕事で無く自分自身の日常においても、絵を描くのに自信がつくと大いに楽しめる趣味になります。
料理・美容・ファッション・インテリアなどの考え方も変わり、人生を必ず豊かにしてくれるはずです。



関連記事

ひょうたんランプ
https://at-pa.at.webry.info/202011/article_12.html
クリエイトコースN.Yさんの作品2
https://at-pa.at.webry.info/202006/article_2.html
クリエイトコースN.Yさんの作品
https://at-pa.at.webry.info/202004/article_6.html
デザイン(感情)
https://at-pa.at.webry.info/201704/article_5.html
クリエイトコースの作品
https://at-pa.at.webry.info/201006/article_4.html
デッサンの難しさと楽しさ
https://at-pa.at.webry.info/200804/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント