かわいいプチマルキンカン

金柑.jpg
 庭に植えたキンカンの果樹に今年はけっこう実がつきました。(写真は収穫後の状態です)
小ぶりな黄色な実はなんとも可愛くて、眺めているだけて気分がワクワクしてきます。(^~^)♪

 キンカンの果樹を植えたのは9年前。
品種はプチマルキンカン。3年生接木苗だったので、12年物になります。
最初は90cmほどでしたが、今では4mほどになりました。

どれだけ実をつけるかは、その年によってバラツキがあります。今年はいっぱい実をつけたので来年はどうなるのかな?

特徴は、1本で結実する種無しキンカンで、1999年に開発された新しい品種です。
耐寒性、耐病性、害虫に最も強い、キンカンの最高級品種。

皮ごとまるかじりでき、甘味も豊富と言われていますが、農家のように完熟にはできないので、甘露煮にしないと美味しくはないです。(完熟まで待っていると鳥に食べられるため)
もちろんビタミンCは豊富です。平均糖度は約12~21度。


今年の収穫量は、800グラム。
3回に分けて甘露煮にすることにしました。

金柑1.jpg

 甘露煮の作り方は、クックパットを参考にしました。
キンカンを洗った後、ヘタを取り、包丁で切り込みを入れます。
前まではつまようじでタネを取っていましたが、手間もかかるし、食べる時に取ればいいので、今回は省略。

フライパンに、250グラム分のキンカン、キンカンが浸るほどの水(300mlほど)を入れて、弱火で10分煮ます。

金柑2.jpg

砂糖を170グラム入れて、5分煮込みます。
金柑3.jpg
黄色くなってくるので、とても食欲をそそります。

よく冷ましたら、ダイソーで買った蓋つきのびんに移し変えたら、完成!!!!!!

金柑4.jpg金柑5.jpg
完全に冷めたら冷蔵庫で保存します。

キンカンをぶつ切りにしてヨーグルトにあえたら、キンカン独特のクセを楽しみつつ、かなり美味しいです。
我が家では毎日朝食で食べています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント