MX4D-実体験を超えた超体験型映画-

 今回、TOHOシネマズ 新宿のMX4Dを体験してきました。
\\(゜ロ\\)Ξ(//ロ゜)//

画像














 その前に3D映画の鑑賞方法について簡単に紹介させていただきます。

ジェームス・キャメロン監督のSF映画「アバター」以来
3D映画が次から次へと登場していますが、
3D映画を満足して鑑賞できる環境はまだ十分整っていません。

3D映画は、現在「XpanD」「RealD」「Dolby3D」「IMAX3D」
の4方式で上映されています。

同じ映画を違ったタイプで観たこともありますが、
IMAX3D方式がダントツにお勧めです。
アイマックス(IMAX)とは、
カナダのアイマックス社が開発した映写システムです。

ただし、画面端にゴーストが出ることがあるので、
画面がきちんと視界におさまる席を選択して下さい。


IMAXを観れる劇場は、

東京では、
TOHOシネマズ 新宿
109シネマズ二子玉川
109シネマズグランベリーモール
ユナイテッド・シネマとしまえん | 豊島園
109シネマズ木場
東池袋 2017年オープン予定

千葉では、
成田HUMAXシネマズのみ。(ρ_;)


それ以外の3D方式で観るのであれば、
むしろ自宅のテレビで観る方が3Dを堪能できるはずです。

主観的意見なので、違った感想をお持ちの人はごめんなさい。



 長々と3D映画の鑑賞法を書いてきましたが、
次のステージとして開発されたのが、4DXです。

4DXとは、韓国のCJ 4DPLEX社が開発した
映画のシーンに合わせた感覚を体感できるシステムです。

シートが前後、左右、上下に動いたり、
風・水しぶき・香り・煙・風圧・雷・雨・泡などを体感できるので、
映像がまるで現実のように感じられる魅力があります。

4DXを体感できる劇場は、

東京では、
ユナイテッド・シネマ豊洲
シネマサンシャイン平和島

千葉はありません。(。>_<。) えーん

ちなみに、鑑賞料金は通常鑑賞料金+1,000円です。



 そして、今回紹介したいMX4Dとは・・・?

MX4Dは、アメリカのMediaMation社が開発した
映画のシーンに合わせた感覚を4DX以上に体感できるシステムです。

シートの動きに加えて、シートの突き上げ・首元への感触・背中への感触
・香り・風・水しぶき・足元への感触・地響き・突風・霧・ストロボの
11種類の体感を味わえます。

これはもう映画鑑賞ではなく、参加型のアトラクションです。
☆☆☆(ノ><)ノ ヒイイイイ~!

私は、TOHOシネマズ新宿で
このMX4Dが設置された初日に体験しました。

TOHOシネマズ新宿は、
等身大のゴジラの顔や体の一部が建物から飛び出した
歌舞伎町のコマ劇場跡に作られた名所的な映画館です。
ゴジラ好きには必見。

画像画像画像画像


































































観た映画は、カーアクション満載の
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。
あまりの楽しさにもう一回鑑賞できなかったことを
今でも後悔しています。

ただし過剰なシートの動きがあるので、
カーアクション映画のような動きのある映画が向いています。

来月公開される「スター・ウォーズ エピソード7」は絶対にお勧めです。


MX4Dを体感できる劇場は、

東京では、
TOHOシネマズ 新宿
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

もちろん千葉にはありません。(T△T) ・・・

ちなみに、鑑賞料金は通常鑑賞料金+1,200円です。



 一度体験したら、もう病みつきになること間違いなし。
責任はとれませんので、あしからず。
d(-_☆)楽しいんだから。!



関連記事

超!!!3D映画「アバター」 http://at-pa.at.webry.info/201002/article_4.html







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック