砂の美術展-昼-

画像













 夏に、千葉の旭市 矢指ヶ浦海水浴場で開かれた
砂の美術展http://asahi-suna.comへ出かけました。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

プロのアーティストや常連の団体の作品がメインですが、
地元の学校の美術部やガールスカウトなどの
アマチュアの団体参加の作品も並んでいました。

ちょっと古い情報だけど、毎年開いているイベントなので、
来年のお出かけの参考にして下さい。
かなりお勧めです。d( ^∇^)b

ちなみに、正式名称は、あさひ砂の彫刻美術展2015。
開催期間は、2015/7/6(月)~8/7(金)でした。


 駅から会場の海水浴場までけっこう距離があるので、
タクシーで向かいました。

帰りの事を考えて、運転手さんから
会社の電話番号が載っている名刺をもらいました。

ぼんやりとした記憶で自信はありませんが、
乗車料金は1,000円位だったかな。


 砂の美術展なんて珍しい企画なので、
観光客でにぎわっているかなと思っていたら、
意外と観客はまばら。

でも、おかげでゆっくりと鑑賞できました。
かなり見応えがありましたよ。w(゜ロ゜)w オオオォォ!

画像画像


























 今回出品されてる作品で、一番のお気に入りの女性像です。

この日は曇りでしたが、時折作品の後ろに青空が広がると
作品の美しさに深みが加わり、より魅力的に感じました。(* ̄∇ ̄*)

画像画像画像画像画像画像画像画像













































 





































































 マツコとなべやかん?らしき人物像ですが、ボリュームがあり、
圧倒される迫力があります。ちょっと笑えます。(o⌒∇⌒o)

画像画像画像画像画像






































































 1時間あればじっくり鑑賞できます。
夜のライトアップまで、けっこう時間があったので、
夕食を取ることにしました。


 夕食は、会場にならんだ縁日ですませようと考えていましたが、
飲食物を提供していたのは、店を入れて3軒だけ。
きちんとした食事ができるのは、うなぎ屋の出店しかありませんでした。

うな丼は(800円?)だったかな。
ちょっと高いなとも思ったけれど、選択の余地がないので、
ピール(500円)をつけて買いました。

しかし店のご主人に話を聞くと、この出店は、
創業明治30年の老舗の戸村川魚店http://www.unagi-tom.comで、
うなぎは国産でかなり本格的なものを提供しているとのこと。

ほんのり立ちこめる湯気と香ばしい香りがたまりません。
一口身をほおばると口いっぱいに、
こんがり焼けたにうなぎと甘いタレの味がしみわたりました。
( ̄~ ̄) モグモグ... ♪

いやいや、すっごく美味でした。
かなり満足な夕食でした。
ヘ(>ロ<)ノ チョーウマカッタス☆

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック