皿まわし-2015-

  キッズ・ジュニアコースの工作で、
人気がある課題は数年おきにくりかえし作ります。

「皿まわし」も、そうした課題の一つです。(≧∇≦)b


 紙皿をデザインする単純な課題ですが、
子ども達は普段デザインを考える事はありません。

物や風景を描くのは、そこに答えがあるので描きやすいのですが、
ゼロからアイデアを考えるのはとても難しいものです。
(~ ~;)ウーン

そのため慣れていない子は、
アイデアを考えるまで少し時間はかかりますが、
出来上がった作品は、
子どもたちの個性が強く感じられる作品になります。


K.Mくん 小4
画像












Y.Mさん 小4
画像












R.Oさん 小5
画像












T.Sくん 小5
画像












 作品が完成したら、いよいよみんなで皿まわしの練習です。
本物のお皿は落とすと割れますが、紙皿は何度落としても割れません。

コツを最初にアドバイスしたら、後は各自で練習です。
みんな、わーわー、キャーキャー言って夢中で練習します。
O)))\q(≧∇≦*) (*≧∇≦)p/(((O ウッヒャヒャヒャー♪


10秒間、頭の上の位置で皿を回わせたら、
ファーストステージクリアです。
(;^^)σ(((O


 次に2つの皿まわしを同時に10秒間回せたら、
セカンドステージクリアです。
O)))\(;^^)/(((O

これはけっこう難しいので、できる子は3人に1人ぐらい。


 ファイナルステージは、右隣の人に回転する皿を渡し、
10秒間回してから、次の人に渡します。
(;^^)σ(((O\( ><)ぎょぇぇぇぇー


 レッスンが終わると、心地よい疲れで
もうヘロヘロです。ヽ( @д@;)ノ

画像












画像












関連記事 皿まわし http://at-pa.at.webry.info/201110/article_3.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック