3人以上のキャラクター

画像

















 イラストを描き慣れてくると、
3人以上の複数のキャラクターを使ったイラストを描きたくなります。

少ない人数の絵に比べると、手間は当然かかります。

でも、気に入った作品が描けたら、
その作品はかけがえのない宝物になるはずです。
\(*T▽T*)/♪♪♪♪♪


 それでは、3人以上の複数のキャラクターを描く際のコツを
いくつかアドバイスさせていただきます。



 一つ目は、キャラクターの違いを目立たせるために、
それぞれの特徴をできるだけ正反対にすることです。

異性が一人でもいれば、
それだけで髪型・身体的特徴・ファッション・小物に違いを出せます。

それから、性格・身長・年齢・色合いなども変えられるといいですね。



 二つ目は、それぞれのキャラクターの立ち位置です。

せっかく複数の人物を描くのですから、
並べてしまうのはもったいありません。

少しでも必ず前後に描きましょう。

片方のキャラクターをかなり手前に立っていることにして、
バストアップ(胸から上を描いた絵)で描くと、絵にとても「変化」が感じられます。



 三つ目は、背景に遠近感をつけることです。

風景を描くのがが苦手なら、
雲の大きさを変えて描くだけでも遠近感は感じられます。




 もしよかったら、挑戦してみて下さい。ヽ( ´ ▽ ` )ノ☆


関連記事

2人のキャラクターのイラスト http://at-pa.at.webry.info/201406/article_2.html
1人のキャラクターのイラスト http://at-pa.at.webry.info/201406/article_1.html
漫画で美しいキャラクターを描くためのコツhttp://at-pa.at.webry.info/201404/article_8.html
漫画のキャラクターをいろいろ描き分けるコツhttp://at-pa.at.webry.info/201404/article_7.html
女性を美しく描くための構図 http://at-pa.at.webry.info/201304/article_6.html
複数のキャラクタ-のイラストを描くコツ http://at-pa.at.webry.info/201202/article_14.html
漫画のちょびテクニック1
ーキャラクターの角度ー http://at-pa.at.webry.info/200911/article_2.html
漫画のちょびテクニック2ー目の位置ー http://at-pa.at.webry.info/200911/article_3.html
漫画のちょびテクニック3ー顔の形ー http://at-pa.at.webry.info/200911/article_5.html
漫画のキャラクターをかき分ける方法 http://at-pa.at.webry.info/200901/article_5.html
漫画コースのカリキュラム      http://at-pa.at.webry.info/201202/article_6.html
漫画が上手に描けるまで       http://at-pa.at.webry.info/200807/article_9.html
1ヶ月で漫画が見違えるほど上達をする理由 http://at-pa.at.webry.info/201202/article_3.html
漫画のススメ!            http://at-pa.com/manga.html 



美少女キャラの描き方 美少女ヒロイン編 漫画の強化書シリーズ / 入江泰浩 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンルアート・エンタメフォーマット単行本出版社誠文堂新光社発売日2008年04月ISBN


楽天市場 by 美少女キャラの描き方 美少女ヒロイン編 漫画の強化書シリーズ / 入江泰浩 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


男性キャラが思いどおりに描ける本―美少年、リーマンから戦国武将、勇者まで (セレクトBOOKS)
主婦の友社
アミューズメントメディア総合学院

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 男性キャラが思いどおりに描ける本―美少年、リーマンから戦国武将、勇者まで (セレクトBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック