水彩画が苦手な人は、道具で上手になろう!

 絵が・・・苦手! φ(TεT;)
そう言う人たちの半分以上は、
小学校時代に水彩画で苦労した経験があったりします。



 子どもは面倒くさいのが嫌いです。

水彩画で色をぬるためには、
たくさんの画材を用意して、
たくさんの手順をかけなければなりません。

そのため、水彩画が好きな小学生は、
小数派ではないでしょうか。
私も小学生の時、水彩画があまり楽しかった記憶はありません。

もちろん水彩画は、他の画材に無い魅力的な表現ができます。
使いこなせるならば、とても楽しい画材です。
(アトリエでは、そうなるように指導しています。)

しかし、十分な指導が無いと、
小学生にはかなり難しい画材だと思います。


 では、解決するにはどうしたら良いか?
????(ー.ー")????

ずばり、・・・道具でできるだけ楽をしましょう!(≧∇≦)b



 まず、家で描く絵の宿題であれば、
水彩色鉛筆でぬり、筆で水をつけて、水彩画として仕上げる。


 次に、学校で描く場合は、
道具を十分に用意して、道具で技術を補う。
具体的には・・・。


☆絵の具は、色数の多いものを用意する。

水彩画が得意であれば、
自分で絵の具をまぜて色を作った方が、もちろん勉強になります。
しかし、苦手ならば、
最初から色数のある絵の具を用意してあげましょう。
同じ絵であれば、色数が多い方が当然魅力的な作品になります。


☆パレットは、仕切りがたくさんある大きめの物を用意する。


☆筆は、たくさん用意する。

たいてい学校には、2本ぐらいしか筆を持っていきません。
普通は馬毛の筆を使いますが、
おすすめは、サイズは2から12までのナイロン製の平筆を8本以上用意する。
(100円ショップで売っています。)

理由としては、

筆がたくさんあると、
色を変えるたびに筆を変えて使えばよいので、
筆を洗う負担が減ります。
使った筆は水入れに入れたままにして、筆がなくなった時、
まとめて洗えばよいのです。

馬毛は、天然の動物の毛なので、
しなやかという長所があるものの、
早く悪くなりやすい欠点があります。
その点ナイロン製の筆は、人工なので長持ちします。
ただし馬毛の筆も、海や空など広い所をぬるのに向いているので、
最低でも1本は用意しましょう。

平筆は、縦にして使うととても細くぬれます。
筆の根元の金属を持ちながらぬると、さらに上手にぬれます。


☆水入れは、4つ以上の仕切りがあるものを用意する。

水入れの水は、絵の具に水を加える・筆を洗うためにあります。
1カ所を絵の具に加える水として、残りの3カ所を筆を洗うために使えば、
水がすぐに汚れる心配が無く、筆をきれいに洗えます。


☆絵の具に水を加えるための、スポイトを用意する。

普通は筆を水入れに入れて、絵の具に水を加えているはずです。
しかし、これでは水の加減ができません。
また、絵の具のついた筆を水入れに入れてしまうと、
水入れの水はたちまちにごってしまいます。

スポイトで水を絵の具に加えるようにすれば、
絵の具用の水はいつまでも汚れません。


☆洗った筆をふく、ぞうきんを用意する。


☆失敗してぬった絵の具をふくティッシュを用意する。
ティッシュにきれいな水をふくませて、
絵の具の上をたたくと、ぬってすぐのものは、
かなりきれいに拭き取れます。


☆絵の具で汚れた手をふく、おしぼりを用意する。



 絵は本来楽しみながら描くものです。
苦手であれば、道具の力を借りて、水彩画を描いてみて下さい。
ヽ(´▽`)ノ♪


関連記事

絵が苦手から得意にするために2   http://at-pa.at.webry.info/201004/article_4.html
絵が苦手から得意にするために    http://at-pa.at.webry.info/201004/article_1.html
アイデアの考え方          http://at-pa.at.webry.info/200907/article_1.html
魅力的な絵を描くためにー初級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200903/article_3.html
魅力的な絵を描くためにー中級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_2.html
魅力的な絵を描くためにー上級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_3.html
1分で上手になる風景画のテクニック  http://at-pa.at.webry.info/200902/article_4.html
絵が苦手から好きになるには     http://at-pa.at.webry.info/200810/article_10.html
豊かな色彩感覚にするには      http://at-pa.at.webry.info/200805/article_1.html
大人が気に入る絵子どもに書かせたい絵 http://at-pa.at.webry.info/200804/article_15.html
デッサンの難しさと楽しさ      http://at-pa.at.webry.info/200804/article_1.html







手順式1日10分で絵がうまくなる水彩画ドリル (講談社の実用BOOK)
講談社
吉沢 深雪

ユーザレビュー:
うーん、微妙ですただ ...
思わず描いてみたくな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






基礎・基本をおさえた絵の指導
楽天ブックス
絵画、版画・切り絵編 学級担任に贈るニュ-教材集 松村陽子 東山明 明治図書出版発行年月:2004年


楽天市場 by 基礎・基本をおさえた絵の指導 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック