サンタさんって いるの?

画像















 クリスマスソングが流れる季節になりました。
アトリエでも、教室の中にクリスマス雑貨を、
外にクリスマスイルミネーションを飾りつけました。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


雑貨を並べ替えた後で、生徒さんたちとよくするのが、
人形探しです。

普段は同じ動物の人形や絵がいくつあるかを探しますが、
今回はサンタさんが何人いるかを探しました。
(( (. . )ドコドコ?( . .) ))キョロキョロ

低学年のお子さんだと夢中で探して、
得意気に「何人いたよ!」と教えてくれます。
高学年になると観察力も鋭くなり、
私自身気づかなかったサンタさんも見つけてくれる事もあります。
ヾ( ̄▽ ̄@) コレ。・。・°★・。・。☆・°・。・°

画像画像画像










画像画像画像



























 子どもたちとクリスマスの話をしていると、
「サンタクロースから手紙をもらった事があるんだよ。」
と、サンタさんとの楽しい思い出を
うれしそうに話してくれる子がいます。
アノネ (/^o(・・*)フムフム

しかし反対に、
「先生。サンタクロースって、本当はいないよね。」
と聞いてくる子も時々います。(¬_¬) y

そんな時は、いつもこう答えています。

「サンタクロースはいるよ。
でもね、信じなくなったら、サンタさんは、
その人の所に二度と来れなくなってしまうんだよ。」
( ̄◇ ̄lll) ガーン !!!!!


 好きな児童小説の「星の王子さま」に、
「心で見なければ物事はよく見えない。
肝心な事は目に見えない。」という一節があります。

子どもの時に見えていたモノが、
大人になると、悲しいことに
いろいろ見えなくなってしまいます。

子どもたちが大事にもっている"見えない輝き"を
いつまでも大事にしてあげたいなと思います。(´∇`)








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック