ロボットスーツ「HAL」

画像画像














 現実の商品が、SFの世界に少しずつ近づいてきました。
この秋、「ロボットスーツ」(商品名/HAL)が大量生産され、
実用化されることになりました。



 ところで、「ロボットスーツ」って何?
・・・・・あなたなら、何を連想されますか。(’’;)?

アトムのように空を飛べる道具。
それとも、ガンダムのようなモビルスーツ。((((=o[@ _ @]/
・・・さすがにそこまではSFではありませんが、
かなりの革命的な商品です。

どういう事ができるかというと、
まず、「HAL」を体に装着します。
すると、機械が、筋肉から発生する電気信号を皮膚から読み取り、
体の動きに合わせて、自分の力の数倍の力を使えるるように
してくれるのです。!!!!!\( ̄^ ̄)/ !!!!!

つまり、世界初のサイボーク型ロボットです。
「HAL」は、下半身型と全身型の2タイプががあります。

画像画像
















 当面は、福祉・介護分野で、
身体機能に障害がある方への自立動作支援、介護支援用に
リースレンタルされます。
料金は、下半身タイプが月額22万円。

想像してみて下さい。
身体に障害がある人が自分の足で歩けるとしたら、
どんなにうれしいことでしょう。\(´∀`)/ ♪

また、患者さんをベットからベットまで移動したり
するような力仕事が楽になれば、看護士の女性や年配の方の
負担もずいぶん軽くなるはずです。

具体的には、片手で40kgの重さの荷物を
軽々と持ち上げたりできるのだそうです。
アシスト自転車みたいなものですね。
(((/* ̄▽ ̄)/ あーらくちん らくちん♪



 この商品を知ったのは、
「HAL」を開発された山海教授を取り上げた
テレビ番組を見たからです。

山海氏は、小学3年生の時、
アシモフのSF小説「私はロボット」に衝撃を受けてから
「サイボーグ」と「ロボット」の世界を追い求め続けました。
そしてついに、新しいテクノロジーにおいて、
世界的な第一人者となったのです。b(━_━)☆
http://www.cyberdyne.jp/believe/index.html(インタビュー)

山海氏の考えの素晴らしいと思う所は、
ロボットを便利にするための道具としてだけ進化させるのではなく、
人の幸せのためのロボットの開発を大切にしている点です。

CYBERDYNEがこの「HAL」を開発した時、
たくさんの企業が提携しようと声をかけてきました。
中でも、他を寄せつけない圧倒的な資本力をもち、
世界中から声をかけてた組織がありました。
・・・・・軍事産業です。
o(*▼▼*)o●~*

通常、会社の株を大量に保有すれば、
会社の経営に参加でき、会社の商品の扱い方も自由に操作できます。

そこで、「HAL」の軍事利用をきらった山海氏は、
CYBERDYNの株を経営に口を出せない特別な株に変更しました。
最終的に、全国に展開している
大和ハウス工業が総代理店に選ばれました。

山海氏が小学生の時に書いた文集には、
将来の夢と科学に対する想い、('-'。)
そして、・・・・・
「科学とは悪用すればこわいもの」という文章が書かれています。
大人になっても、純粋な志を変わらず持っていられるなんて、
素晴らしいことだと思います。

これからも、人の幸せのためのロボットの開発を
期待しております。<(_ _)>



 ちなみに、商品名の「HAL」は、
SF映画の「2001年宇宙の旅」・「2010年宇宙の旅」に登場する、
人工知能を備えた架空のコンピュータの名前でもあります。
・‥…━━━<( )> ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。



学研 大人の科学 メカモ クラブ (カニ)左右にカニ歩きするロボット作り売れてます!ラッピング無料 リボ払いCP【送料無料】【大出血セール】
学研ショップ
お子様~サラリーマン(紳士)までじっくり楽しめる商品登場!それは・・・『大人の科学 メカモシリーズ』


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック