私の方が上手

「○○ちゃんの絵、変!」\( ̄へ ̄)
小学生の低学年ぐらいのお子さんですと、
たまに他の生徒さんの作品をけなすことがあります。

もちろん、すぐに声をかけて、
けなすことの良くない理由を教え、
自分の作品にはない良い所を見つけるように
指導しています。( ̄へ ̄)ヾ(-_-;)


ただし、子どものこうした言い方は、
決してイジワルで言っている訳ではありません。

子どもは、小学生に上がる頃から少しずつ自我が芽生えてきます。
そのため、他人と自分を比べることがよくあります。
他の生徒さんに負けたくないため、
つい他の生徒さんの作品をけなしてしまうのでしょう。
┏(・_・、)┓

こうした比較は何も幼い子どもだけではなく、
言葉には出しませんが、大人でもあります。
他人の作品の方がよく思えると、くやしいものです。


絵を描きたいという気持ちは、なぜ生まれるのでしょう。
自分が表現したいものを描くから楽しいのであり、
他人と比べるために描くのではありません。

絵の技術は、才能よりも絵を書き続けた経験の長さや、
お子さんと課題の相性に左右されます。
だから、他人と比べることに何の意味もありません。
・・・((-_-。)(。-_-))・・・

それよりも、課題に対してどれだけアイデアを出せたか、
以前よりどれだけ上達したかを評価して、
ほめてあげることにしています。(≧∇≦)b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック