漫画の新たなる挑戦

画像















 現在、一番大好きな漫画家の井上雄彦氏の
「最後のマンガ展」を観に行ってきました。∩(´∀`)∩♪

詳しくは、公式ホームページ
http://www.flow-er.co.jp/ 
または、上野の森美術館ホームページ
http://www.ueno-mori.org/top.htmlをご覧下さい。

彼は、 「スラムダンク」・「バガボンド」・「リアル」の
メガヒット作品を描いた漫画家です。φ( ̄ー ̄ )

単に売れた作品を描いただけではなく、
第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞
・第24回講談社漫画賞一般部門受賞
・第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞を受賞するなど、
作品の評価も高い漫画家です。


 今回出展された作品は、
すべて「バカボンド」を題材にした新作です。

「バカボンド」は、吉川英治原作の「宮本武蔵」を
下敷きに描かれました。 _I_(°へ°メ)
題名の「バガボンド(vagabond)」は、
“放浪者”・“漂泊者”・“流浪人”という意味です。
この不思議な題名は、作者が、読者の読む前の先入観を
望まなかったからだそうです。
侍を主人公にしているので、切り合いの場面も多数あります。
そのため、好き嫌いもあると思います。

話を個展にもどします。
上野の森美術館の展示会場の空間すべてを、
漫画という視点で表現した、今まで見た事のない展示でした。

この作品では、ペン画以上に墨絵を多用しています。
現代書道の力強さや自由さを存分に感じる線と、
日本画のような緻密で繊細な線で構成されています。
漫画は一枚絵ではなく、連画です。
ある絵では、消え入りそうな薄い墨で、
ある絵では、観るものを離さない力強い濃淡で描かれています。

絵だけでなく、照明や壁の凹凸、階段の上り下りまでも、
作品を表現するための素材として工夫していました。

観終わった後、心から満足感にあふれました。
漫画の可能性は、まだ広がってゆく、そう実感できました。
・:*:・o( ̄∇ ̄*)。・:*:・

画像











 彼の作品、特に「バカボンド」が好きな理由・・・。
それは、新しい技術に常に挑戦する姿勢です。

誰でも、新しい事への挑戦は、勇気がいるものです。
だから人は、自分のスタイルができると、
新しいやり方を挑戦しようとは、なかなかしなくなるものです。

彼の絵や漫画の表現はすでに、
漫画界のトップクラスのレベルにあります。
しかし、「バカボンド」での表現は、今まで培ってきた技術を
捨てた所から始まりました。
新しい事への試みは、ゼロからの出発です。
どんなに不安があったでしょう。
勇気がいったでしょう。

才能、その一言では片付けられない、
漫画に対する愛情と意欲を感じます。
""ハ(TーT)☆パチパチ


 良い作品に出会うたび、もっと自分も頑張ろう。
そんな気持ちにさせてくれます。o(≧∇≦)o !!!!!


バガボンド画集 WATER

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック