豊かな色彩感覚にするには

 まわりの色彩環境が、子どもの色彩感覚に与える影響は、
大きいと言われています。(´∇`)ゝ

色の好みが確立されるのは、個人差がありますが、10歳前後です。

好みの色は、今まで目に触れた色の中から選ばれます。
そのため、たくさんの色にあふれた環境で育てば、色彩感覚は鋭くなります。
逆に色に乏しい環境で育てば、色彩感覚はなかなか育ちません。Σ(゚□゚;)
 
部屋のインテリア・ファッション・料理など、
身近なものに少し心配りをするだけで、色彩環境はずいぶん変わります。
また、自然は色彩の宝庫です。
休日に足をのばして、自然に触れてみてはいかがでしょうか。
°゚°。。p(=´∇`=)q °゚°。。


関連記事

絵が苦手から得意にするために http://at-pa.at.webry.info/201004/article_1.html
絵が苦手から得意にするために2 http://at-pa.at.webry.info/201004/article_4.html
アイデアの考え方          http://at-pa.at.webry.info/200907/article_1.html
魅力的な絵を描くためにー初級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200903/article_3.html
魅力的な絵を描くためにー中級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_2.html
魅力的な絵を描くためにー上級編ー  http://at-pa.at.webry.info/200905/article_3.html
1分で上手になる風景画のテクニック  http://at-pa.at.webry.info/200902/article_4.html
絵が苦手から好きになるには     http://at-pa.at.webry.info/200810/article_10.html
大人が気に入る絵、子どもに書かせたい絵 http://at-pa.at.webry.info/200804/article_15.html
デッサンの難しさと楽しさ      http://at-pa.at.webry.info/200804/article_1.html




ポップな色と楽しい模様!色彩感覚を育てる教具★カラフルギア
あ・の・ね・・・-おもちゃと絵本-
ラッピングについて 規格:歯車大…直径11.8cm 歯車中…直径8.8cm 


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック