誰かに、教えたくなる本

画像












「先生、この本知っていますか。」

 この一週間の間に、ジュニア・漫画・クリエイトの
それぞれ違う生徒さんが、聞いてきました。
どの本も知りませんでしたが、機会があったら、
ぜひ手に取ってみたいなと思っています。

 レッスン中に話してくれる、
自分が好きな本や映画などの話、学校や友達ではやっている遊びの話。
そのお子さんや、その世代が興味を持っている事が分かるので、
とても面白いものです。(⌒~⌒)

何より、自分が好きな事を先生に教えてくれる、その気持ちが
たまらなくうれしくなります。・:*:・(*´ー`*)。・:*:・


 私も、好きな本をよく人に教えます。
好きな本はいろいろありますが、どの年代にもお薦めなのは、
絵本の「よるくま」(偕成社)です。o(゚(ェ)゚)o
売れている本なので、読まれた方も多いのではないでしょうか。

主人公の男の子が、夜中に家へやって来た、よるくまのお母さんを
一緒にさがすお話です。

短い文章の中に、作者のやさしさと大事な人への愛情が感じられます。
分かりやすく・美しく・温かい絵が、読者を、作品の世界に気持ちよく
運んでくれます。・:*:・( ̄∇ ̄)。・:*:・

子どもが読むと親に対して、大人が読むと自分の子どもに対して、
とても愛おしくなります。
むぎゅうと、抱きしめたくなるかもしれません。

お子さんが小さければ、寝る前に読み聞かせてみてはいかがですか。
お気に入りの絵本になるかもしれませんよ。


よるくま

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック