ぱれっと日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京休日散歩2

<<   作成日時 : 2017/07/31 08:30   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 ゴールデンウイークに二日連続で家族で東京に遊びに行きました。
二日目のお散歩コースです。


 まず向かったのは、銀座にある「サロン ギンザ サボウ」さん。
地下鉄銀座駅より徒歩5分ほどの東急プラザ地下2Fにあります。

雑貨や食品の販売の店の奥のカフェで、
和風のスイーツを食べに来ました。

カフェの開店の10分前に着いたものの、
開店前から20人ほどの行列ができていたので、
最初の一巡目には残念ながら入れず、結局30分位待ちました。


 家族が注文したスイーツは、春限定の茶房パフェ-SAKURA-(1,300円)

画像














 私が注文したスイーツは、茶房パフェ-日本庭園風-(1100円)

枯山水の庭園をイメージして、
抹茶がホワイトチョコに振りかけられてます。

いつまでも眺めていたい美しさですが、
心の中で気合いを入れて、スプーンでホワイトチョコを割りました。

すると、ライスパフェの池(?)に
抹茶アイスクリーム・栗の渋皮煮・わらび餅などが隠れているので、
いろいろな味と食感を楽しめました。

さっぱりしとた味わいなので、後を引かず、
昼食前でもOKです。

画像画像





























 その後、銀座にある、石川県アンテナショップいしかわ百万石物語で、
金箔がはられたソフトクリームを食べました。

見た目はキラキラしていて、それなりのセレブ感はあります。

味は普通に美味しかったですが、金箔は当たり前ですが無味無臭。

金箔は前面に巻いているだけなので、
後半はただのソフトクリームに変わってゆきます。

最初に手にした時のあげあげの気分は、しだいにクールダウン。

プチセレブの値段が700円。
高いと見るか安いと見るか、・・・・・( ̄~ ̄;)?

でも金箔は美容に良いそうですよ。
興味ある人はお試しあれ。

画像




















 ここで、奥さんと子どもはスヌーピー美術館へ。

私はアトリエで必要な画材を買いに画材屋に向かうため別行動。

午後、アクアパーク品川で合流しました。



 子どもが水族館に興味を持っていたので、
それなりにいろいろな所に足を運んだつもりでしたが、
アクアパーク品川は今回が初めて。

アクアパーク品川は、JR品川駅から徒歩2分の所にあります。

アクセスが良いのはありがたいけれど、
駅までの坂道が半端なく急なので、
高齢者連れのファミリーにはけっこう大変かも知れません。


 ちなみに今回、この水族館に来たのは、
プロジェクションマッピングで演出された
イルカショーを見るためです。

ここ数年のプロジェクションマッピングの普及は、
目を見張るものがあります。

その立役者は、クリエイティブ集団のNAKEDの代表の
村松亮太郎氏と言って過言ではないでしょう。

代表的なものとして、
東京駅の3Dプロジェクションマッピングや、
約33万人を動員した新江ノ島水族館「ナイトアクアリウム」が有名です。

この水族館の演出プロデュースも、村松亮太郎氏によるものです。

どんなショーなのか、ワクワクが止まりません。
昼間のイルカショーと夜のイルカショーを見比べるのも楽しみ。

画像














 水族館に入ると、展示と関係なく、
ポート・オブ・パイレーツ(ブランコのように揺れるアレです)や、
ドルフィンパーティー(回転木馬)がありますが、有料(500円)。

画像














笑うアシカくんのショーです。

画像画像




























 この金魚は、体がピンポンのように丸く、泳ぐ様子が
なんとも可愛らしい。

とても癒されます。

画像















 ジェリーフィッシュランブル。

一部屋まるまるクラゲの展示コーナーです。

円柱状の水槽の中をふわふわとただようクラゲ。
時間ごとに音と光でが変化して、なんとも神秘的。

自然の発光ではないけれど、海月と言う名前にふさわしい美しさ。

クラゲ好きな私にはたまらないコーナー。

画像画像







































 午後の最大の目的は、もちろんイルカショー。

郊外にある水族館と違い、イルカが泳ぐ水槽がけっこう狭いので、
イルカが飛ばす水しぶきで、前列から4割ほどが濡れる可能性があります。

でも大丈夫。100円でポンチョを買えます。

私は5列目の濡れる可能性のあるグレーゾーンに座っていました。
大丈夫だろうと高をくくっていたら、ズボンが少し塗れました。

しかし、私より2列前に座っていた小学生の女の子(3,4年くらい)。
ボクサーのように驚くべきスピードで体を揺らし続けて、
飛びかかる水しぶきから自分の身を守っていました。すごい!!!

画像画像画像画像画像





























































































 夜のイルカショーまで小一時間あったので、
夕食を食べに行きました。

普通のレストランでは時間がかかりすぎるし、
水族館や外のファーストフードでは味気ないと思い、
決めていたレストランに向かいました。

そこは、JR品川駅のエキナカにある店なので、
少しもったいないけれど入場券を買って改札口を抜けました。


 お店の名前は、キャンプエクスプレス品川店。
カレー専門店です。

キャンプで食べるカレーと言うのがテーマなのかな。

キャンプの雰囲気にあふれた内装。
スプーン類は飯ごうの中に入っていて、スプーンの形は何とスコップ。

ブレないこの遊び感覚、好きだなぁ。

画像

















注文してわりと早く料理が運ばれて来ました。

私が注文したカレーは、牛すじと彩り野菜の欧風デミカレー。
そして、チーズをトッピング。

牛すじがとろとろと柔らかくて、チーズにも合います。
野菜がたっぷり使っているので、とても食べやすいです。

家族が注文したカレーは、看板商品である、1日分の野菜カレー。
黄色いミニトマトを含めて緑黄色など、
350gのたっぷり野菜が入っています。

見た目もカラフルで食欲をそそります。

熱々のフライパン型の鍋がお皿なので、最後まで美味しく頂けました。

他にもいろいろなカレーがあったので、別の機会にまた寄りたいかな。

画像画像






























 水族館に戻って来ると、夜のショーの20分前でした。
座席はもちろん空いていませんでしたが、立ち見もけっこういっぱい。

時間が近づいてくると、胸のワクワクがますます高まります。



ショーの開始とともに、館内の照明が薄暗くなってゆきました。

 天井から流れ落ちるウォーターカーテンや館内の壁に、
プロジェクションマッピングの映像が映し出されます。

そして、映像にリンクした大音響の音楽が流れ、
映像が勢い良く変化してゆきます。

画像画像


































時折イルカがジャンプしますが、イルカが主役ではなく、
あくまでマッピングの映像が中心にショーは展開してゆきます。

実際、昼間のショーと違い暗いので、
イルカの姿も良く見えません。

音楽の疾走感と映像のライブ感が、クライマックスへと
観客を一気に誘ってくれます。

ショーが終わると、心地よい軽い疲労感が残ります。

画像



















 ショーが終わると、
観客は出口へと続く20mほどの海中トンネルへ進んでゆきます。

チューブ状のトンネルは、壁も天井も透明なので、
優雅に泳ぐ魚を気持ちよく眺められます。

画像画像画像

















































 他の水族館と一味違う楽しみを満喫できました。


関連記事 

東京休日散歩1
http://at-pa.at.webry.info/201706/article_1.html
アートアクアリウム 
http://at-pa.at.webry.info/201511/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京休日散歩2 ぱれっと日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる